ANTIIDA MOTORCYCLE                       {アンティーダモーターサイクル} 

    埼玉県 北部 本庄市 群馬県 南部 ハーレー から カブ まで 修理 カスタム お任せください 国道17号

    Category: 整備

    Comment (0)  Trackback (0)

    よみがえる

    引き続きこちら
    RIMG7564.jpgの販売車輛。

    宜しくお願い致します!

    ANTIIDAではこの販売車輛の様な高年式車から、ビンテージと言われる車輛まで対応しています。

    この文字通りのバスケット状態だったナックルヘッドも、






    やっとエンジン始動まできました。


    しかし大事なのはここから、まだまだやる事は一杯です。

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 整備

    Comment (0)  Trackback (0)

    大中小、特大

    引き続きこちら
    RIMG7564.jpgの販売車輛。

    宜しくお願い致します!

    エボリューションエンジンのフライホイール組み立て。

    良くこの画は観ると思いますが、
    RIMG7583.jpg

    スタートは組み付け前から始まっています。

    組み付け前、エンジンスプロケ、ピニオン側とそれぞれ組み合わせる前に振れを確認。エボリューションは一体式のフライホイールですが既に振れていました。分かっているか、いないかで段取りも変わってきます
    RIMG7578.jpg

    それから組み付け、ベアリングには組み付けペースト。
    RIMG7579.jpg

    RIMG7581.jpg

    締める箇所それぞれトルクが決まっているので、トルクレンチも使い分けです。
    RIMG7600.jpg

    そして場所に因っては最大597N.Mのトルクで締め込むので、
    RIMG7596.jpg
    こんなのも使いますw

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 整備

    Comment (0)  Trackback (0)

    見えない敵との戦い

    まあ、ちょっとブログタイトルは大げさですがw、良く電気系のトラブルは電気(電流)の流れが見えないので苦手だ、という人は多いですよね。

    今回の車輛はインジェクション車でしかもカスタム車輛、電源を入れるとヒューズが飛んでしまい、一カ所を変えるとまた別の場所が飛んでしまうという事でした。あちこち手が入っているので少し考えますがやる事は一緒です。

    但しやる前に準備する事、それは特殊工具の作製。と言ってもそんな大げさな物ではなくw普通のヒューズホルダーにブレーカータイプのヒューズを使う事。

    これにしておかないと現行車輛のブレードヒューズでは、ショート箇所が改善出来ない限りヒューズの死体が山積みです。これは一度回線がショートして電気の流れをカットしても、リセットボタンで復活使用が出来ます。

    配線コネクター毎の区分を造り、色々追って行く中で、、、


    怪しい部分をガソリンタンクの中で発見!


    車体の見える外側でなく、ガソリンタンク中のフューエルポンプ配線が原因でした。
    RIMG7494.jpg

    タンクの中はちょっと意外、気にしないと駄目な部分な様です。


    燃料ホースもひび割れていたのでついでに交換しました。


    電気系統の故障は確かに分かりにくく、急に不具合が起こるので焦りますが、ひとつずつ追って行くしか有りません。

    対策は怪しい部分を前もって交換する、ですw。

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 整備

    Comment (0)  Trackback (0)

    2017年の年末を振り返る その4

    先ずお知らせ、

    次の日曜日 21日は遠方への出張の為、店舗不在になります。

    ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。



    バシバシ皆さんが忘れているであろう年末を振り返りますw

    年末に使いたい、という事で巻きの作業だったと思います。元画像が全く有りませんww。

    元のサイドナンバーを車体ど真ん中!のフェンダーマウント仕様にする為、ステーをワンオフです。
    RIMG7445.jpg
    観ての通り、他に類を観ない程に頑丈仕様です。

    勿論取り付け位置にも拘ります。見た目のかっこ良い所は当然ですが、フェンダーを支えているステー上にマウントボルトがくる様に穴あけです。
    RIMG7448.jpg

    塗装完成後にプラス防振対策&見た目の為に、ゴム板を切り出しステーとフェンダーの間に挟みます。
    RIMG7450.jpg

    RIMG7451.jpg

    この車輛は暫く動かしていなかったとの事で、整備も合わせて行います。
    RIMG7452.jpg
     
    RIMG7453.jpg

    RIMG7454.jpg

    RIMG7455.jpg

    RIMG7456.jpg

    RIMG7457.jpg

    RIMG7458.jpg

    RIMG7459.jpg

    RIMG7460.jpg

    RIMG7461.jpg

    RIMG7462.jpg

    RIMG7463.jpg

    RIMG7464.jpg

    併せてミッションオイルの漏れ修理
    RIMG7397.jpg

    RIMG7400.jpg

    からの、パンク修理。
    RIMG7435.jpg

    RIMG7436.jpg

    2017年最後の車検取得車輛でした、やる事有りすぎて泣きながらの作業でした、、、。嘘ですw


    でもギリギリ作業でしたが、納車の時にはオーナー様にも喜んで頂けました(^^).。有り難うございました!


    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 整備

    Comment (2)  Trackback (0)

    アルミ製フェンダーの割れ修理

    もう既に廃盤?になっている、アルミ製フェンダーのひび割れ修理です。
    RIMG7383.jpg

    鉄製と違い軽さが特徴なのがアルミ製フェンダーですが、強度が鉄製に比べて弱いので,どうしても負荷の掛かる部分が割れてきてしまいます。

    特にテールランプのマウント場所は、重さが直に掛かるので割れ易い部分。
    RIMG7382.jpg

    修理は交換か割れ部分の修正、当然同じ物が無い状況なら治すしか有りません!

    で、アルミの溶接。鉄やステンレスと違う溶接方法です。
    RIMG7384.jpg

    RIMG7386.jpg

    見えないフェンダー裏は強度対策で削りませんが、目立つ表は溶接ビードを削って仕上げます。
    RIMG7391.jpg

    徐々にならしていき、、、、、
    RIMG7392.jpg

    目立たなくなる様に磨きます!
    RIMG7393.jpg

    と、ここで終わりにしないのがANTIIDA流、同じ様に戻しても再発する事は分かりきっているので対策をします。

    割れ易いフェンダーへの直づけを避け、両サイドのフェンダーステーから支えをとる様にします。
    RIMG7401.jpg

    画像はあっという間ですがw、フェンダーのプレスラインの凹凸に合わせてステーを曲げたり、穴位置を合わせたりして極力形をスッキリに、付いたら見えにくい部分ですけどねwペイントして完成
    RIMG7402.jpg

    RIMG7404.jpg

    RIMG7405.jpg

    RIMG7406.jpg

    配線を戻して完成。

    元に戻ったやったー!では無く、故障の原因を取り除いて対策しないといつかはまた振り出しに。

    修理に完璧は有りませんが、やらないよりはやった方が良いに決まってます(^^)

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    ANTIIDA MOTORCYCLE アンティーダモーターサイクル
    埼玉県 本庄市 本町 999-5

    ANTIIDA MOTORCYCLE

    Author:ANTIIDA MOTORCYCLE
    埼玉県 本庄市 の8198(バイクや)です。
    ハーレー から カブ までかっこいいバイク(自己申告も可)お待ちしています!
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    *営業時間*
    AM9:00~PM7:00
    定休日 月曜
    (出張修理や引き取りで定休日の変更もございます。事前にブログ、Facebookページにてお知らせ致します。)

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR

    1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2018