ANTIIDA MOTORCYCLE                       {アンティーダモーターサイクル} 

    埼玉県 北部 本庄市 群馬県 南部 ハーレー から カブ まで 修理 カスタム お任せください 国道17号

    Category: 整備

    Comment (0)  Trackback (0)

    見える物しか信じない!

    先ずはパーツ入荷のご報告業務から
    RIMG0352.jpg
    高級マフラー!S様入荷致しました!

    で本日の朝一は、昨日のぱらつきの雨から天気も良くなったので
    RIMG0342.jpg
     
    店の前、気になっていた

    草むしり。

    すっきり!ですw

    で気分よく作業に取りかかりました。作業はこちらのショベルエンジン、タペット周りの異音から内部のフル点検です。(画像は以前に分解したとき)
    RIMG0161.jpg

    RIMG0162.jpg

    RIMG0163.jpg

    実はこのエンジン、約二年前に一度点検させて頂きその後は調子よく、店のトランポをブッチギル(笑)ほど爆走していたのですが、急に気になる音がしだしたとの事であえなく分解点検になってしまいました。

    組み込んだエンジンを、こんな比較的短期間で分解する事は余り無いのでじっくり点検させて頂きました。
    結果、異音の原因はタペットローラーのベアリング破損が原因でしたが、それ以外の部分も前回に交換したパーツに思わぬ傷が有りました。

    で、そうなればその原因が気になる所です。考えられる事、色々有りますがどれも推測です。ただ確実に言える事、それはコスト重視の某オイルを使ってしまった事。ブログをご覧の方も”オイルなんて何でも入っていれば大丈夫!”なんて思っていませんか?いえいえ違うんです。他の乗り物に比べ大排気量の空冷エンジン、特にハーレーこそ気を使わなければいけないのです。

    実際、某メーカーさんの実証実験を工場で再現して頂きましたが安いオイルは”やっぱりね、、”の結果でしたし、こうして普段はすぐに診れない実車の内部を見てしまうと、お客様には勧められない事を実感してしまいました。

    このエンジンは今回の作業をきっかけにして、ANTIIDAメニューで再組み込みさせて頂きます。
    ほんの一部分の紹介ですが、元々スラストワッシャーのないS&Sのフライホイールに、


    保護と適正値のクリアランスを出すためブロンズワッシャーを取り付けました。
    RIMG0347.jpg

    ピストンピンブッシュも思った以上のダメージで
    RIMG0350.jpg

    交換です。
    RIMG0343.jpg

    まだまだ、まだまだ続きます。

    うちのお勧めは、某メーカーさんの実証実験より良い結果だった
    20140615054258147.jpg

    ASHオイルですw


    ANTIIDA MOTRCYCLE
    〒367-0000 埼玉県本庄市本町999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198




    Comments






    ANTIIDA MOTORCYCLE アンティーダモーターサイクル
    埼玉県 本庄市 本町 999-5

    ANTIIDA MOTORCYCLE

    Author:ANTIIDA MOTORCYCLE
    埼玉県 本庄市 の8198(バイクや)です。
    ハーレー から カブ までかっこいいバイク(自己申告も可)お待ちしています!
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    *営業時間*
    AM9:00~PM7:00
    定休日 月曜
    (出張修理や引き取りで定休日の変更もございます。事前にブログ、Facebookページにてお知らせ致します。)

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR

    12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017