FC2ブログ

ANTIIDAMOTORCYCLE  

エボリューション エンジン カムシャフト交換


ハーレー エボリューションエンジン のカムシャフト交換です。

カム自体はオーナーさんの持ち込み品、ギアのうなり音の対策に取りあえず装着されているカムギアを入れ替えます。
RIMG5930.jpg

RIMG5931.jpg

予定外?で元の純正カムベアリングを、
RIMG5932.jpg

専用工具で外します。
RIMG5933.jpg

外れた元のベアリング。このベアリングのニードル自体の本数の少なさが問題で、エボのエンジントラブルではここの破損が多いとされています。
RIMG5934.jpg

外しついでの点検なので対策品へ、みての通りでニードルベアリングの構成本数が全く違います。
RIMG5935.jpg

カム交換とは別件ですが、未然にトラブルを避ける為にも交換しました。

専用工具で圧入。
RIMG5936.jpg

ここでカムを仮組。カムシャフトのクリアランスを測定して、適正な隙間を作ります。
RIMG5937.jpg

RIMG5938.jpg

タイミングマークを合わせて、
RIMG5940.jpg

各部を規定トルクで、
RIMG5988.jpg

締めながら他をチェック、擦れてます、、、。機能的には問題無さそうです。
RIMG5989.jpg

Oリングは新品、
RIMG5990.jpg

ロッカーカバーのガスケットはパリパリなので、既に漏れていた形跡が、、、。何方にしても交換です。
RIMG5991.jpg

RIMG5993.jpg

純正ガスケットです。
RIMG5994.jpg

各部トルクを確認して、締め込みます
RIMG5995.jpg

RIMG5996.jpg

RIMG5997.jpg

RIMG5999.jpg

そして始動確認、


排気音でもノーマルに比べてやる気が出る感じになってきましたw

後は外装を取り付け、テストランで完成です。

AntiidaMotorcycle
AntiidamcのFacebookページ
〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
TEL&FAX 0495-27-8198
E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

ANTIIDA MOTORCYCLE

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://antiidamotorcycle.jp/tb.php/378-424f4b53