ANTIIDA MOTORCYCLE                       {アンティーダモーターサイクル} 

    埼玉県 北部 本庄市 群馬県 南部 ハーレー から カブ まで 修理 カスタム お任せください 国道17号

    Category: サイドナンバー

    Comment (0)  Trackback (0)

    やるか、やらないか

    ブログを暫く更新しなかったので、ネタ切れを心配して頂いた常連様のMosanより新鮮なネタを頂きました(笑)

    キジマ スリムレバーの、交換作業です。

    ノーマル純正の幅広レバーは、そのままズバリ幅広なので
    RIMG3603.jpg
    交換するだけでレバーが握り易くなり、操作のストレスが軽減されます。

    交換手順は”ノーマルを外す”→”カスタムレバーへ交換する”だけなのですが、外す前の準備です。

    スイッチハウジング交換前には、今の位置を合わせ面でマーキングです。
    RIMG3607.jpg
    固定位置ではどの位置でも固定されてしまうハーレーの純正スイッチハウジングなので、外す前の位置にちゃんと戻す為。

    常に運転中に握るレバー周り、微妙な位置の違いも気になりますからね。

    ハンドルから外すときはブレーキスイッチを引っ掛けない様、紙を挟んですこし握った状態にするとスムーズです。
    RIMG3608.jpg

    可動部分はグリスアップ。
    RIMG3606.jpg

    握ってタッチの確認。
    RIMG3609.jpg

    クラッチ側も可動部分も同様にグリスアップして、クラッチの切れ、遊びを調整し、
    RIMG3611.jpg
    実際に確認してもらってから固定します。

    そしてこの車輛も今話題の縦サイドナンバー、
    RIMG3612.jpg

    キジマ製で簡単に横には出来るのですが、コチラの記事をみて頂き、どうせ付けるならと格好良くと言う事で、穴加工です。
    RIMG3613.jpg

    IMG_8765.png
    今回は普段自分で撮影出来ない作業風景を盗撮してもらいましたw

    そして完成。
    RIMG3614.jpg

    ちょっと一手間加えるだけで、全く同じ作業でも違いが出ます。

    嘘だと思ったら試しに来て下さい、お待ちしておりますw

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: カスタム

    Comment (0)  Trackback (0)

    流行ばかりを追わないで

    いつもブログをご覧頂いている皆様、こんばんは!

    更新のないブログでも、みて頂いている方もいらっしゃるようで、ありがとうございます!

    自分は大丈夫でしたが今週は、はやりのインフルエンザに家族がかかり何となくバタバタしていた週で、気づけば前回の更新から一週間以上が経っていましたw

    皆さんも病気の流行だけはお気をつけ下さい。

    こんな週でしたが進んだ作業も御座います。コチラ、この鉄板より
    RIMG3579.jpg

    材料を切り出し、
    RIMG3582.jpg

    くっ付けます。
    RIMG3584.jpg

    角棒を、古より伝わる伝統技法にて曲げてから、
    RIMG3596.jpg

    RIMG3595.jpg

    溶接にて、
    RIMG3597.jpg

    合体させます。
    RIMG3598.jpg

    画像ではあっという間に完成ですw
    RIMG3600.jpg

    RIMG3601.jpg

    取り付け全体の画像は、オーナーさんから掲載NGで言われているので載せませんが、こちらは敢えて流行の狙いを外したB級感で良い感じですw

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 整備

    Comment (0)  Trackback (0)

    TT500 の フロントフォーク

    ハーレー以外のオートバイでも(例外は除く)整備、カスタムは受付しております。

    YAMAHAのファクトリーレーサー TT500 のフロントフォークのオーバーホール。



    シール類は新品に交換です。
    RIMG3527.jpg

    RIMG3525.jpg

    RIMG3530.jpg

    マニュアルで調べた数値を元に、規定量を注入です。
    RIMG3532.jpg

    RIMG3534.jpg

    念のため、油面も確認します。
    RIMG3535.jpg

    RIMG3536.jpg

    戦うバイクは無駄が無くてカッコイイ♪


    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp


    Category: 整備

    Comment (0)  Trackback (0)

    やるからにはキッチリと!

    先週末は暖かい、いや、ちょっと季節はずれ過ぎましたね!

    お出かけした方も多かったのではないでしょうか?

    RIMG3566.jpg

    RIMG3565.jpg

    RIMG3575.jpg

    そんなご来店の皆様に『続きはどうなの?』と聞かれる、続きの続きw、

    もったいぶる気もないので、早速
    RIMG3531.jpg
    ポイント点火の”コンデンサー”です。

    これを変えたら絶好調、楽しいバイクになりました!

    アイドリングも安定です。


    割れや、破損と違い、見た目では分かりにくい電気系の故障は車輛状態をしっかり見極めなければなりません。

    異なる原因でも似た様な不具合症状が出る事も有りますが、そこの判断は格好良く言えば”経験値”、要は結果が出るまで確信の出来ない”カン”ですねw

    今回も他の部分も疑ったのですが一発で解決出来たので、一人しかいない工場で思わず”ヨシッ!”と言ってしまいましたwww

    コチラの車輛も随時進めております!
    RIMG3555.jpg

    RIMG3556.jpg

    RIMG3557.jpg

    RIMG3559.jpg

    RIMG3560.jpg

    で、例のショベルは後日談で、ミッションからのオイル漏れも有ったのでコチラも修理する事になり、
    RIMG3551.jpg

    こんな状態です、、、

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp


    Category: 整備

    Comment (0)  Trackback (0)

    例えば、駄目な方のあいまいさ

    このお話
    の続き、

    調べてみるとエンジンストップの原因は、ガソリンを貯める SU キャブレター のフロート部分のシートの緩みが原因でした。
    RIMG3429.jpg

    RIMG3428.jpg

    ここのパーツが緩んでしまう事でキャブの中に十分なガソリンが流れ込まず、ガス欠を起こして止まったしまった様です。

    徐々に調子が悪くなったとの事なので、少しづつこの部分が緩んで言って最終的に止まってしまった事と、原因と理由が結びつきました。

    自分は機械と話す人では有りませんがw、
    "原因が有って結果が有る”、”こんなもんだろう、、、”
    の曖昧さが無く、はっきりさせる事が出来る機械の良い所,

    人相手ではそうはいかない事も多々有りますからねwww

    分解ついでに大幅に狂っていた油面も調整します。
    RIMG3430.jpg

    新品!のマニホールドです。
    RIMG3432.jpg

    組み込み前に位置合わせ、確認です。
    RIMG3493.jpg

    ここでまた問題発生、エンジンとの隙間が大分有ります、、
    RIMG3494.jpg

    このまま組み込む訳にもいかないので、対策を考えます。

    本来は一旦エンジンのヘッドを動かせる状態にして、位置合わせをする事で極力隙間が出来ない様にするのですが、ヘッド部分のエンジン分解作業を伴う追加作業なので、時間と予算を考慮して今回はスペーサーでカバーします。
    RIMG3496.jpg

    RIMG3495.jpg

    サンダンスの リークレスマニホールドアダプター を使います。
    RIMG3501.jpg

    RIMG3505.jpg

    組付けを終え、エンジン始動。




    何度かテスト走行を繰り返し、止まってしまう事は無くなりましたが、何だかいまいち、高回転時の吹け上がりが暖まってくると良く有りません。

    やはり暖気後のアイドリングも不安定に、、、

    パーツの緩みを診て完調になる事を確信したのですが、原因は他にも有りそうです。

    エンジンストップは改善出来たので一旦は納車の段取りをしたのですが、何かスッキリしないのでオーナー様と相談し納車の日程を改めさせて頂きました。

    その日は何だかモヤモヤの残る一日でした、、、

    続く

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: サイドナンバー

    Comment (0)  Trackback (0)

    縦なのか?横なのか?いっそ真ん中か?

    平日ツーリングなんて羨ましい!道は空いてますからね、

    RIMG3514.jpg 

    帰り道にオイル交換によって頂きました。
    RIMG3515.jpg

    “A.S.Hオイル”でエンジンオイルの交換、です。
    RIMG3516.jpg

    在庫は有りますから、何時でも大丈夫です!
    RIMG3517.jpg

    で、ここで最近のバイク乗りの間で話題のサイドナンバー、縦問題の車輛だったのですが、キジマ製なので横向きに付けてみました。

    『やっぱり出っ張るよね』

    『そうですね、、、』
    RIMG3520.jpg

    『どうせ付けるなら出来るだけ内側に!』
    RIMG3519.jpg

    元の取り付け穴は使わずに、新たにマウント用の穴を開け直してみました。ほら、
    RIMG3520.jpg

    いいじゃないですか!(笑)
    RIMG3522.png

    RIMG3523.png

    RIMG3524.png

    決まった事は仕様がありません、でもどうせ付けるなら格好良く。

    もちろん色々な取り付け方法が有りますので、是非ご相談下さい!

    道は一つじゃないはずです(笑)

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp


    Category: 整備

    Comment (0)  Trackback (0)

    ブレーキオイル 交換のすすめ

    エンジンオイル交換に比べて、あまり意識されにくいブレーキオイル、ブレーキフルード交換です。

    当然オイルですから使用の中で汚れたり、周りの水分を吸収して劣化します。
    RIMG3414.jpg

    RIMG3415.jpg

    エンジン、ギアオイル程の交換頻度では無いので、車検毎の交換が交換日を忘れる事が無くておすすめです。

    ここで注意したいのがオイルの種類、ブレーキシステムによってグリコール系、シリコン系と大きく分けて二種類有ります。当然ですが二つは混ぜては使えないので、事前確認が必要です。

    とくにカスタム車輛や、作業履歴が分からない車輛は事前に確認してから作業に入ります。
    RIMG3416.jpg

    こうして異なるオイルを混ぜると完全に分離します。
    RIMG3417.jpg

    RIMG3418.jpg

    今回はDOT5を使用しました。
    RIMG3419.jpg

    綺麗なオイルは機能アップ、気持ちがよいですね。

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: antiidamc

    Comment (0)  Trackback (0)

    灰皿

    素材を加工して余った鉄も、無駄な物は有りません。

    次の出番を待つのですが、リクエストが有ればこんな物も作ります。

    RIMG3470.jpg

    RIMG3466.jpg

    RIMG3468.jpg

    RIMG3469.jpg

    土台はブレーキのローター、受け皿はエンジンのピストンです。

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp


    Category: カスタム

    Comment (0)  Trackback (0)

    プライマリーカスタム うちそと

    先ずおしらせ、急な告知で申し訳有りませんが、明日2月3日(水)は遠方出張のため、終日不在 となります。

    ご迷惑おかけしますが、宜しくお願い致します。

    さて本題、ショベル以前の車輛でクラッチ周りのトラブルでお悩みの方にぜひお勧めしたいのがコチラ、
    1781324_1_02m.jpg
    プリモのプロクラッチです。

    自分もクラッチ周りのトラブルで悩んでいた時、オーバーサイズローラーや、対策用と言われたクラッチプレート等、散々やりましたが、プロクラッチの取り付けで悩み一発解消!でした。

    簡単に説明するとクラッチ周りの構造を、ショベル以前の物からエボ以降の仕組みへと変えてしまうパーツです。

    仕組みが新しければ機能が良いのは当たり前、但しルックスは変わりますからそこは好みの問題でw

    まずは分解、
    RIMG3438.jpg

    ついでなのでパーツも洗浄して綺麗にします。
    RIMG3440.jpg

    このクラッチシェルにはめ込むので、先ず暖めてからはめ合いの部分を熱膨張させます。
    RIMG3441.jpg
    そうすると、無理矢理プレスで押し込まなくてもスッとはまります。

    裏からは付属のプレートで固定、ネジには勿論緩み止めです。
    RIMG3442.jpg

    後は残りのパーツを組み込むのですが、
    RIMG3445.jpg

    ブロック周りも一手間です。
    RIMG3446.jpg

    それから今回はアウターカバーにも細工です。
    RIMG3455.jpg

    RIMG3458.jpg

    元々はケースの中の放熱製を考えての穴あけですが、デザインも兼ねるので適当に見えて,結構考えてます(笑)
    RIMG3459.jpg

    RIMG3462.jpg

    ウン、カッコいい〜!

    中身は勿論ですが、外身もアクセントが出来てグレードアップしました!

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    ANTIIDA MOTORCYCLE アンティーダモーターサイクル
    埼玉県 本庄市 本町 999-5

    ANTIIDA MOTORCYCLE

    Author:ANTIIDA MOTORCYCLE
    埼玉県 本庄市 の8198(バイクや)です。
    ハーレー から カブ までかっこいいバイク(自己申告も可)お待ちしています!
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    *営業時間*
    AM9:00~PM7:00
    定休日 月曜
    (出張修理や引き取りで定休日の変更もございます。事前にブログ、Facebookページにてお知らせ致します。)

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR

    123456789101112131415161718192021222324252627282902 2016