ANTIIDA MOTORCYCLE                       {アンティーダモーターサイクル} 

    埼玉県 北部 本庄市 群馬県 南部 ハーレー から カブ まで 修理 カスタム お任せください 国道17号

    Category: カスタム

    Comment (0)  Trackback (0)

    スポークの張り替え、そしてプラスα

    タイヤのインチアップ、19インチから21インチへの変更。
    RIMG2832.jpg

    タイヤを外してからブレーキローターを外します。
    RIMG2833.jpg

    がここで、取り付けボルトがローターに合っていない事が判明、
    RIMG2834.jpg

    本当はこの形、カウンターサンクの形状でいわゆるテーパーです。
    RIMG2836.jpg

    しかも取り外し時に折れると言うトラブルも発生。
    RIMG2839.jpg

    まあ、ボルトの折れは馴れっこですので、
    RIMG2841.jpg

    別のボルトを折れたネジに溶接して外します。溶接の熱でロックタイトも溶けて、更に外し易くなります
    RIMG2843.jpg

    RIMG2846.jpg

    後はチャチャッとスポークを組み直し、
    RIMG2847.jpg

    RIMG2849.jpg

    スポークの張り調整、
    RIMG2851.jpg

    振れをとって完成です。
    RIMG2854.jpg

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: キャンプ

    Comment (0)  Trackback (0)

    また一つ、楽しい思い出

    強風吹き荒れた日曜日のお話。

    Mさん、おいしいパンごちそうさまでした!
    RIMG2904.jpg



    相変わらずでヤバいぐらいの強風の中、夕方からお客様にBBQ&⛺️キャンプのお誘いを受けていたので、愛車ラビットでの準備中


    急遽VIBES誌の中島さんから連絡頂き、ANTIIDAmcを取材してもらいました。
    RIMG2910.jpg

    RIMG2906.jpg

    ついでにオイル交換もして頂き、有り難う御座いました!
    RIMG2907.jpg


    ですっかり予定も押しバタバタの中w、全く止まない強風で、バイク参加を悩み中に先に出発していたお客様よりレスキューの連絡が有り、


    今回はしっかり車で参加してきましたw


    メインは鹿&イノシシのお肉!想像していたクセもなく、おいしく頂きました。


    夜にはあれだけ強かった風も止み、まったりの楽しいキャンプ。


    久しぶりなソロテントも、独身時代のキャンプツーリングを思い出し楽しい夜になりました。

    また行きたくなったな〜w

    今回遊んで頂いたお客様、父ちゃんひとりを笑顔で送り出してくれた家族に感謝の夜だった事は言う間でもありません。

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 63 パンショベル

    Comment (0)  Trackback (0)

    寒くなってきましたよ

    先ず📢、


    明日25日(日曜日)は私用のため17時までの営業です。


    緊急の方は携帯まで、
     
    ご迷惑おかけしますが宜しくお願い致します。


    エンジン自体は組付けが終了している 63 パンショベル ですが、

    アップしきれていない作業内容です。

    オイルポンプの組み付け時にはシールを交換。シールの向きに注意です。
    RIMG2681.jpg

    ブリーザースクリーンも鉢植えの底の網みたいなのが入っていたので、正規のものに交換です。
    RIMG2693.jpg

    エンジンをクランキングさせ、ギアの位置だしをしてから規定トルクで3回に分けて締めます。
    RIMG2692.jpg

    勿論エンジンをいきなり掛けるでも無く、クランキングしながらエア抜きとオイルが流れているかの確認です。
    RIMG2776.jpg

    先ずはチェックボールから、
    RIMG2777.jpg

    つづいてクランクケース側。
    RIMG2778.jpg

    最初、タッペットスクリーンも無かったので追加取り付けです。年式違いも有りますが、今回のは入っていなかったです。
    RIMG2807.jpg

    エンジンに火を入れるまで、まだ作業は続きます。

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: XL883R

    Comment (0)  Trackback (0)

    初めまして、そして宜しくお願いします。

    ブログ&フェイスブックを見て、修理&車検作業のご依頼を頂きました。


    車輛転倒をきっかけに、暫く(7年ぐらい?)放置プレイだったそうなので今回を機に路上復帰です。
    RIMG2879.jpg

    兎にも角にも先ずはエンジン始動、キャブレター内ではガソリンが腐ってジェットが詰まってます。
    RIMG2880.jpg

    まあ、想定内ですw

    分解出来るところまで進めて、
    RIMG2883.jpg

    RIMG2882.jpg

    シールとゴム類以外を洗浄剤に浸けて清掃です。
    RIMG2884.jpg

    元々お父さんが乗っていた車輛を息子さんが引き継ぐそう、いいですね!そういうの^ ^

    これから楽しい思い出をいっぱい作って欲しいので、しっかりメンテナンス作業を進めさせて頂きます!

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 4速 トランスミッション

    Comment (0)  Trackback (0)

    ハーレー 4速ミッション に クロスギア を組む 後編

    4速トランスミッション クロスミッション 化計画の続き。

    3速ギア交換のため、カウンターシャフトも交換。

    その時ケースとのクリアランスも変わるので、
    RIMG2811.jpg

    隙間をシクネスゲージで計測。
    RIMG2812.jpg

    規定値に収まる様、厚みの異なるスペーサーで調整です。
    RIMG2810.jpg

    RIMG2808.jpg

    それからシフターフォークの位置調整、
    RIMG2813.jpg

    結構ずれている車輛も多いので、シフトの入りが悪い方は手を加えるとストレス無く乗れますよ。
    RIMG2817.jpg

    RIMG2818.jpg

    デュオシールナットもシール交換。
    RIMG2819.jpg

    エンジン、ミッションの位置調整のアライメントをゲージを当ててとります。
    RIMG2820.jpg

    そしてテストラン。


    元々高速域を考慮した本国仕様のギア比を、日本の交通事情、いきなりトップまで持って行かずに2速、3速で乗る街乗りぐらいの速度域が大分乗り易くなりました。

    今まで”2速?”、”3速?”で迷っていたところが無くなったイメージです。

    変更した1速との組み合わせでスタートからの変速もスムーズ、気になっていた方にはオススメ!です。

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 4速 トランスミッション

    Comment (0)  Trackback (0)

    ハーレー 4速ミッション に クロスギア を組む

    今回は ハーレー 4速 トランスミッションに、ノーマルギアから街乗りのし易いクロスミッションを組み込みます。

    ノーマルのギア比では遠すぎると感じる4速寄りの3速の間を、3速のギア比を変えることで2速に近づけ、すぐ2速へシフトしがちな1速のギア比を変えて、1速でも引っ張れる様に改善です。


    先ずは分解、
    RIMG2771.jpg

    今回は、メカニカルトップのシフト周りからのオイル漏れも酷いと言う事で、こちらも合わせて修理です。
    RIMG2773.jpg

    RIMG2782.jpg

    RIMG2783.jpg

    分解しながら確認作業。

    組み直しをした時、元の位置とずれない様、合わせ位置の確認。別の位置でも組めちゃいますw
    RIMG2786.jpg

    RIMG2791.jpg

    本来はシールも何も無い為、既にオイル漏れ対策加工済みのシフターシャフトのOリングを、
    RIMG2792.jpg

    新しいものに交換。右が新品。直径が違います。
    RIMG2794.jpg

    RIMG2796.jpg

    メータドライブユニットのドライブギア。
    RIMG2795.jpg

    交換前、
    RIMG2797.jpg

    後。鉄の熱膨張を利用した”焼きばめ”での作業。冷えるとはまらないので作業重視。途中写真は有りませんw
    RIMG2798.jpg

    RIMG2799.jpg

    交換の1速。
    RIMG2800.jpg

    シールやリングも新品に交換。
    RIMG2801.jpg

    RIMG2805.jpg

    RIMG2802.jpg

    RIMG2803.jpg

    後半へつづく、


    色々な所でアップされていますが、今日、2015年10月21日は映画”Back to the Future part 2"で、主人公マーティが1985年からタイムスリップしてきた日w

    当時映画館で、テレビで、何回もみたほどはまった映画でした。

    映画で表現されていた2015年では車は空を飛んでいましたが、現在の自分は50年以上前のバイクの修理やカスタムをする事もある訳で、、、

    便利で高機能な新しい物を求める人間の感性、それに反する、操作する感覚、有機的な造形を感じられる旧式の機械や乗り物の感性。

    どっちが良い?悪い?でも無く、両方をうまく取り入れた生活ができたら最高!ですね^ ^

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: カスタム

    Comment (0)  Trackback (0)

    チェーンガード をつくる

    無いものは作る!が基本です。

    今回はチェーンガードを平板から作ります。
    RIMG2762.jpg

    RIMG2764.jpg

    使わないローターを治具にして、曲がりの作製。
    RIMG2765.jpg

    RIMG2766.jpg

    RIMG2767.jpg

    綺麗に曲がりが出ず、3個目でようやく納得。
    RIMG2768.jpg

    支えるステーもどうせなら、
    RIMG2823.jpg

    ちょっとの加工で、
    RIMG2822.jpg

    RIMG2824.jpg

    大分見た目が格好良くなります。
    RIMG2827.jpg

    RIMG2826.jpg

    溶接で仕上げて、メッキを掛けて完成です。
    RIMG2829.jpg

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 63 パンショベル

    Comment (0)  Trackback (0)

    君のは大丈夫か?!

    先ずおしらせ、

    来週の18日(日曜日)は遠方への納車、出張のため終日お店におりません。

    当日お急ぎの方は携帯まで、ご連絡宜しくお願い致します。




    お預かり 63 パンショベル。

    漏れが酷いのはエンジンだけではありません。

    リアブレーキマスターからもフルードが漏れていたのですが、見た目からしてヤバそうです。
    RIMG2754.jpg

    分解を進める、、、
    RIMG2755.jpg

    ヤバいな、、、
    RIMG2756.jpg

    凄いのが出てきました!w
    RIMG2758.jpg


    RIMG2757.jpg

    RIMG2759.jpg

    内部も錆が有ったのでホーニングと清掃です。
    RIMG2760.jpg

    在庫の新品パーツで組み直し。
    RIMG2761.jpg

    ブレーキ周りの点検はしっかり行いましょう!

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 63 パンショベル

    Comment (0)  Trackback (0)

    どこかに走りに行きたい気分

    先ずおしらせ、

    来週の18日(日曜日)は遠方への納車、出張のため終日お店におりません。

    当日お急ぎの方は携帯まで、ご連絡宜しくお願い致します。

    ドーナツの差し入れ頂きました!(写真は食べた後w)


    レア年式のマニュアルw頂きました。


    有り難うございます!

    で、63 パンショベル の修理作業内容。

    先ずはネジ山のとんだ、オイルポンプ取り付け部ネジの修理。
    RIMG2482.jpg

    ヘリサートコイルです。
    RIMG2487.jpg

    RIMG2484.jpg

    エンジンケースの素材として軽さが売のアルミ材ですが、他の金属に比べ強度が弱く、特に旧い車輛は経年劣化で更にもろくなっています。

    今回の修理方法は強度も出せるので、アルミのネジ山修理には有効です。

    続いて同じアルミ鋳鉄素材のカムカバー。

    ガスケット面に凹みの傷や、
    RIMG2313.jpg

    割れ。
    RIMG2314.jpg

    その修理方法には肉盛り溶接と言う方法も有りますが、溶接修理はその後に表面仕上げの後処理や、特に不純物の多い旧車のパーツの溶接修理では、溶けるとガスが発生して巧く付かない事も有るので、今回はアルミパテで修理です。

    アルミパテとはそのものずばり、成分にアルミ素材を含んだ金属パテです。

    良く接着剤と同様に採られがちですが、所詮パテなので万能修理材で考えるのではなく、基本は穴埋め作業用です。

    盛る場所を敢えて大きく削って、載り易くします。
    RIMG2618.jpg

    盛ったら
    RIMG2677.jpg

    オイルストーンをあてて面研。
    RIMG2680.jpg

    耐熱温度も220℃までなので、エンジンパーツでも大丈夫です。

    修理のアプローチ方法も、状態やご予算に応じて使い分けします。先ずはご相談を!

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: お知らせ

    Comment (2)  Trackback (0)

    おしらせ&オシラセ

    先ずおしらせ、

    来週の18日(日曜日)は遠方への納車、出張のため終日お店におりません。

    当日お急ぎの方は携帯まで、ご連絡宜しくお願い致します。


    そしてオシラセ、

    今更ながら、ANTIIDAオリジナル車検証入れを作りました。

    しかも車体イメージで選択可能な ”BLACK"&"YELLOW"の2バージョン。
    RIMG2753.jpg

    当店で車輛購入、車検整備をして頂いた方にはもれなくプレゼント!させて頂きます。

    整備やカスタム依頼のお客様でも、”欲しい!”方は言って下さい。

    お知り合い、もしくは隣に居合わせたバイク乗り、パーキング、信号待ち、その他集会場所でANTIIDAの宣伝をする(自己申告で可)が条件です。(笑)

    RIMG2752.jpg
    (写真は私の愛車、ラビットに搭載の図)

    皆様お待ちしております!

    RIMG2549.jpg

    RIMG2558.jpg

    RIMG2552.jpg

    RIMG2619.jpg

    RIMG2750.jpg

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    ANTIIDA MOTORCYCLE アンティーダモーターサイクル
    埼玉県 本庄市 本町 999-5

    ANTIIDA MOTORCYCLE

    Author:ANTIIDA MOTORCYCLE
    埼玉県 本庄市 の8198(バイクや)です。
    ハーレー から カブ までかっこいいバイク(自己申告も可)お待ちしています!
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    *営業時間*
    AM9:00~PM7:00
    定休日 月曜
    (出張修理や引き取りで定休日の変更もございます。事前にブログ、Facebookページにてお知らせ致します。)

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR

    1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2015