ANTIIDA MOTORCYCLE                       {アンティーダモーターサイクル} 

    埼玉県 北部 本庄市 群馬県 南部 ハーレー から カブ まで 修理 カスタム お任せください 国道17号

    Category: 整備

    Comment (0)  Trackback (0)

    オイルポンプ&おいるぽんぷ&OIL PUMP

    重なる時は重なる物で、S&S オイルポンプ を三台に続けて取り付けしました。

    S&S の オイルポンプ自体は品番が一緒、つまり同じ物ですが、取り付け方法や注意する事は車体の年式や状態で変わってきます。

    先ず一台目。

    この車輛は回転上昇時に圧を逃がす穴がクランクケースに開いていないので、穴あけ加工から。専用治具を取り付けて、
    RIMG7058.jpg

    決まった位置、角度でケースに穴あけです。
    RIMG7059.jpg

    RIMG7068.jpg

    続いて二台目、分解や準備は一台目と同じですが、この車輛は合わせてオープンベルトにカスタムするので、ノーマルプライマリーケース装着時に使用する、オイルの通路を塞ぐ必要が有り、
    RIMG7072.jpg

    外したフィッティングの代わりにプラグで塞ぎます。あなたのバイクはホースにボルトで塞いでいませんか?w
    RIMG7073.jpg

    三台目が一番大変でしたw。カスタム車のフレームという事で、エンジンマウントそのままではフレームにオイルポンプのボディが当たってしまい外せません。
    RIMG7196.jpg

    マフラーやプライマリー周りの部品を外して、エンジン自体をフレームからずらしました。w
    RIMG7203.jpg

    そして分解時に気になったオイルポンプマウントボルトに巻かれていたシールテープ、気になって確認はしながら組み付けしたものの、、、
    RIMG7200.jpg

    締め込み時に嫌な感触は有ったんですw

    それでも規定トルクでボルト締めしたらケースのネジ山が見事に飛びました、、、。

    予想は出来ただけにこの状況は落ち込みましたがw、気持ちを切り替えまた分解。ヘリサートコイルで修正します。
    RIMG7212.jpg

    組付け時には初期潤滑で組み付けペースト、全部の組付けで使っています。
    RIMG7205.jpg

    そして規定トルクで組み付け。ただ強く締め込むだけでは オイルポンプギア の回転時に負荷が掛かったり、逆に緩すぎてはオイル漏れの原因に繋がります。
    RIMG7213.jpg

    施行工具の精度は勿論大事ですが、均一な力で締める事は漏れにくい状態を造れるので必要以上に液体ガスケットを使わずにすみ、はみ出た液体ガスケットがオイルラインを塞いでしまう様な事は起こりません。

    この他にも組付け時にやるマニュアルに書いてない事は一杯ですが、ここには書きませんw直接聞きに来てください!

    ブローバイからのオイル漏れや、圧力低下でお悩みの方、お待ちしています。m(_ _)m


    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 整備

    Comment (2)  Trackback (0)

    ずっと雨でしたね

    10月も今日で終わり、2017年も残り後二ヶ月、、、そんな話も出てくる時期になってきました。



    お陰様で、作業のご依頼を多数頂いております。皆様有り難うございます!

    頑張ります!


    更新もリアルタイムで進めたいのですが、そう言う訳にも行かず、、、

    空いた時間で更新して行きますので、思いついた時に覗いていって下さい。


    そんな訳で過去の内容w、10月最初。

    ブレーキシューバラバラの状態から、修正致しました。
    RIMG6934.jpg

    通常リベット留めのブレーキシューですが、ANTIIDAでは特殊行程での貼付け対応。
    リベット留めと違ってシュー全部が使えるので、ドラムブレーキでは必要な修理です。

    RIMG6937.jpg
    こちらの車輛は車検整備、ステムベアリングの引っ掛かり。重量のあるスプリンガーモデルではあるあるで、現行に近い車輛でも駄目になり易い箇所。

    RIMG6945.jpg

    ベアリングレースにはガッツリ縦傷が入ってます。ハンドルのブレも有るとの事で、ベアリングとも交換です。
    RIMG6946.jpg

    RIMG6947.jpg

    RIMG6949.jpg

    RIMG6950.jpg

    RIMG6951.jpg

    RIMG6952.jpg

    RIMG6959.jpg

    スロットルスリーブも引っ掛かりが有り。
    RIMG6962.jpg

    交換です。
    RIMG6963.jpg

    車検整備の内容、各部のグリスアップ。
    RIMG6964.jpg

    RIMG6965.jpg

    マスターも開けてビックリ!、フルードがほとんど入っていませんでした。
    RIMG6966.jpg

    RIMG6967.jpg

    油圧スイッチの配線切れ、端子の部分で切れていました。
    RIMG6968.jpg

    修理しましたが、インジケーターランプ自体も駄目というオチ付きw
    RIMG6970.jpg

    普段観ていない所も、こうしててみて観ると結構な修正箇所が有る物です。

    車検ついでにどうですか?、ステッカーを貰うだけが車検では有りません。w

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 整備

    Comment (2)  Trackback (0)

    作業報告&注意

    今回のブログはタイトル通り、オーナー様への画像報告を兼ねた最近ちょっとビックリした事です。

    点検整備で分解の ショベルヘッド ですが、フロントドラムのブレーキシューがこんな状態です、、、
    RIMG6895.jpg

    RIMG6896.jpg

    こんな状態でも直前まで自走していたので、それこそ大きなトラブルに繋がらなくて良かったです(汗)

    今思えば車輛お預かりの時も

    ”何か気になる所は有ります?”

    ”特に無いですが、フロントブレーキの調子がイマイチで自分で調整して乗っています”

    みたいな会話をしましたが、オーナー様も特に意識していなかった様子。

    確かに、分解しないと直接観る事が出来ないので危機感も薄れてしまうかも知れません。

    RIMG6890.jpg

    経年劣化や作動部分の、摩耗や故障はある程度は仕様が無い事です。

    それでも乗りっぱなしは良くないですから、自分で出来る方はご自分で、出来ない人、面倒な人は安心出来るお店に任せて下さい。

    そんな訳で皆さんも、十分お気をつけて!

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 整備

    Comment (0)  Trackback (0)

    ショッキング!

    昨日のリムに続き今回も足周り、タイヤのトラブルです。

    レスキュー要請で向かったのは関越自動車道のパーキング。たまたまパーキング手前で走行に違和感を感じて、パーキング休憩も兼ねて寄ってから、タイヤを確認すると、、、


    こんな状態だったそうです(> <)


    どうやらフェンダーに巻き付けていた荷造り用ゴムの金具がフェンダーとタイヤの間に巻き込まれ、それをきっかけにタイヤの表面が文字通り、一皮むけてしまった様です。

    装着していたのがビンテージタイヤと言う理由からだけではありませんが、ここまで剥がれてしまったタイヤも、そうそうおめにかかりません。

    それまで気持ちよく走っていたオーナーさんも違和感を感じて停止したとの事、乗っている人にしか分からない変化はトラブルを未然に防ぐ一つの方法です。

    それでもどうにもならなくなった時はANTIIDAまでご連絡をm(_ _)m

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: 整備

    Comment (2)  Trackback (0)

    夏の恐ろしい話

    当店持ち込み時には、既に少し分解されてた エボリューション エンジン。

    エンジン異音と、オイル交換時に抜いたオイルにスラッジが混ざっていたとの事で、目星をつけたのがハイドロリックユニット。先ずは点検分解、
    RIMG6596.jpg

    ”ビンゴ!”エンジンはかかるけど定期的な異音、一番怪しい部分。
    RIMG6600.jpg

    ローラー部分のベアリングが破損して、ローラーが偏心しています。
    RIMG6603.jpg

    音がでだしてから暫くエンジンをかけて乗ってしまっているとの事で、お客様との今後の修理方法の相談のもと、残りのエンジン部分も分解点検です。
    RIMG6717.jpg

    RIMG6718.jpg

    ステーターコイルを留めているボルトの種類が本来とは違うので、嫌な予感は有りました…
    RIMG6720.jpg

    ネジの固定方法が悪く既に緩みだしていて、ステーターコイルが動いてローター部分に干渉。
    RIMG6721.jpg

    干渉部分の配線がこすれて切れています。
    RIMG6724.jpg

    さらに大変な事に!ボルトが緩みだした事で、他の取り付けボルトに負担がかかり、ケースにネジ部分を残し折れています。>_<
    RIMG6730.jpg

    これだけでも大変ですが、分解を進めると更に恐ろしい事に…

    インナープライマリカバーのエンジン部分の固定ボルト。緩めていた時にそこからオイルがぼたぼた漏れだしたので怪しいと思っていたのですが、分解して目視確認してみると…

    ヘリサート修理で開けすぎた下穴と、長過ぎるボルトが原因で、クランクケースが割れて内側へ貫通しちゃってます。
    RIMG6733.jpg

    それはオイルも漏れる筈…
    RIMG6736.jpg

    持ち込み車輛で整備履歴は不明ですが、整備性を無視した外装のカスタムでも”なんとなく”な嫌な予感は的中です。

    ここまでひどいエンジン修理は余り有りませんが、治せる部分はしっかり修理して行きたいと思います。

    最後まで読んで頂いた方、夏の恐怖とは関係無い話ですみません(笑)


    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    ANTIIDA MOTORCYCLE アンティーダモーターサイクル
    埼玉県 本庄市 本町 999-5

    ANTIIDA MOTORCYCLE

    Author:ANTIIDA MOTORCYCLE
    埼玉県 本庄市 の8198(バイクや)です。
    ハーレー から カブ までかっこいいバイク(自己申告も可)お待ちしています!
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    *営業時間*
    AM9:00~PM7:00
    定休日 月曜
    (出張修理や引き取りで定休日の変更もございます。事前にブログ、Facebookページにてお知らせ致します。)

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR

    12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017