ANTIIDA MOTORCYCLE                       {アンティーダモーターサイクル} 

    埼玉県 北部 本庄市 群馬県 南部 ハーレー から カブ まで 修理 カスタム お任せください 国道17号

    Category: カスタム

    Comment (0)  Trackback (0)

    一手間、二手間、三、、、、、、

    純正タイプのインナースロットルを使って、S&S Eキャブレター を取り付けました。

    発端は元のキャブレターが調子が悪くての交換なのですが、やり始めたら色々問題が発生、まあ良く有る事でwこれも一つずつ解決です。

    手始めはスロットルのケーブル作動の方向です。

    純正タイプのインナースロットルは、ピアノ線の様な固いケーブルを使ってケーブルを押すタイプと、現行車の様なスロットルケーブルを引くタイプとでは、内側に切ってある溝の方向が違います。
    RIMG7074.jpg

    RIMG75.jpg

    ここを引くタイプに交換したのですが、
    RIMG70.jpg

    内径が狭くてハンドルにささらないw

    いきなり旋盤を使って内径の拡大。




    そこからはめ込みましたが、今度は引きに変わった可動部分のシリンダーがハンドルの中で引っ掛かって巧く作動しない、、、

    キャブレターとつなげなければ動くのですが、装着時に動かない(引っ掛かり)で場所の特定がしにくく時間を使いましたが、場所の特定と対策加工。
    RIMG7167.jpg

    問題なく動く様になりました。



    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: カスタム

    Comment (0)  Trackback (0)

    加工のあれこれ

    曲げ加工の続き、CCバーの仕上げです。

    RIMG7100.jpg



    ウィンカータブの取り付け、この治具を使うと左右の平行を出し易いです。
    RIMG7136.jpg

    RIMG7208.jpg

    フラットフェンダーのエンドを仕上げて完成、後は塗装とメッキです。
    RIMG7207.jpg

    この車輛はリアフェンダーのカット加工、純正フェンダーのエンドをカットして見た目をスッキリさせます。
    どのライン出来ればカッコいいか?ただ切るだけでは有りませんw
    RIMG7080.jpg

    RIMG7151.jpg





    ルーカステールを取り付けてひとまず完成。
    RIMG7156.jpg

    ナロー用のフロントフェンダーをワイドフォークに取り付ける為の加工、ステーを外した方が綺麗に曲がります。


    なんでこんなことをしているか?と言うと、ノーマルワイドフェンダーだとタイヤとの隙間が開きすぎるからw


    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: カスタム

    Comment (2)  Trackback (0)

    外身も大事、もちろん中身も大事

    お陰様で大好評!?(笑)の ANTIIDA オリジナル Tシャツ も皆さんにご購入頂き、在庫が無くなってきました、、、







    Sサイズ、黒のMは在庫無し、残りサイズも数枚です。

    まだこのレアTシャツをゲットしていない方、お待ちしております!m(_ _)m


    拘りのANTIIDA Tシャツ はご購入後には問題なくPUT ON 出来ますが、昔からすんなり装着出来ないのが海外パーツ。(強引に話を割り込ませてみましたw)

    それでも以前に比べて商品クオリティーは大分上がりましたが、今回は微妙な出来でしたw。

    フロントフォークにかぶせるフォークカバーですが、仮組装着後に良く確認すると可動部分のアウターがカバーに対して中心に有りません。


    このまま無理に付けてもフォークに干渉していて、サスペンションは本締めすると手の力では全く動きません。


    で、本来の付属品パーツだけでは足らずにスペーサーを追加しました。



    浮かせた状態でもしっかり動く様になりました。

    これは説明書にも書いていない部分。このまま取り付けは出来ますが、本来の動きが出来る様にドレスアップパーツも組み付けしています。

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: カスタム

    Comment (2)  Trackback (0)

    ホイール リムのパウダーコート

    今日から九月です。

    たまたまなんでしょうが急に寒くなって夏の終わりを感じさせますが、我々バイク乗りには気持ちのよいシーズンが近づいて、出かける機会も増えますね!

    そんな中シーズンイン?なのか、お陰様で沢山のお仕事依頼を頂いていますので、今月もANTIIDAは連休無しで頑張ります!


    作業は先月の話w、パンク修理ついでに 21インチ リム をグロスブラックにパウダーコートしました。


    NEWペイントで気を使う所は傷がつかない様に意識する事、経験も駆使して組み付けます。


    バランスをとりながらスポークのバランス取り。


    汚れや錆の気になるリムもピッカピカ、足下、ホイールも見た目が引き締まります。


    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    Category: カスタム

    Comment (0)  Trackback (0)

    夏、キャンプ仕様!キャリア作製 その2

    前回に続き今回ブログもキャリア作製。

    しかし今回はちょっと違います。この脚を折り畳む事が出来るテーブルをキャリア代わりにして、現地でもテーブルとして使いたいとのご相談。


    当初の打ち合わせでは脚を折り畳んだ状態で、車体側からステーをのばす構想でしたが色々な問題が発生。

    先ずオートバイに取り付けるのにちょうど良いボルト穴が無い、テーブル側にも固定するのに十分な強度を出せる加工位置が無い、と頭を悩ます事ばかり。そこで見方を変えてテーブルの脚をそのまま使う事に。

    使い勝手を想像し、強度はどう出すか?最初にイメージする時間は結構大事で、カスタムの神が降臨するまでは手が全く動きません、いや動かせません。w

    しかし、方針が決まれば後は形にして行くのみ!





    ハンドパワーで曲げて行きます、一発で巧く曲がりましたw








    まあまあの強度、取り付けた状況でキャリアを持ち、前後大きく振ってみましたがしっかり固定出来ました。

    こうして紹介すると、いつもそうですがあっという間です。

    でも実際は背中に当たらない様に考えている積載場所の前後位置だったり、荷物を積んで荷重が掛かった時の支える位置だったり、現地で外す際の使い勝手だったり、、、乗っているからこそ気づける対処方法は、自分が使う気持ちで盛り込んでいます。

    AntiidaMotorcycle
    AntiidamcのFacebookページ
    〒367-0000 埼玉県本庄市999-5
    TEL&FAX 0495-27-8198
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    ANTIIDA MOTORCYCLE アンティーダモーターサイクル
    埼玉県 本庄市 本町 999-5

    ANTIIDA MOTORCYCLE

    Author:ANTIIDA MOTORCYCLE
    埼玉県 本庄市 の8198(バイクや)です。
    ハーレー から カブ までかっこいいバイク(自己申告も可)お待ちしています!
    E-mail antiidamc@wish.ocn.ne.jp

    *営業時間*
    AM9:00~PM7:00
    定休日 月曜
    (出張修理や引き取りで定休日の変更もございます。事前にブログ、Facebookページにてお知らせ致します。)

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR

    12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017